【ハゲるの?】ヒゲ脱毛と男性ホルモンの関係についてのウワサ

ヒゲ脱毛男性ホルモン

ヒゲ脱毛をすると男性ホルモンに影響があって『ハゲる』とか『性欲がなくなる』というウワサを心配していることがわかりました。

逆にヒゲ脱毛をすると『髪が生えやすくなる』というウワサもありました。

実際のところ、ヒゲ脱毛と男性ホルモンの関係はどうなのでしょうか?

ヒゲ脱毛と男性ホルモンの関係について詳しく解説します。

ヒゲの濃さと男性ホルモンの関係

代表的な男性ホルモン『テストステロン』

ヒゲの濃さと男性ホルモンの関係を説明するのと同時に、薄毛(ハゲ)に関する男性ホルモンや性欲に関する男性ホルモンは、2種類の男性ホルモンを知っておくとわかりやすいです。

まず1つ目は『テストステロン』と呼ばれるホルモンで、男性の体内で分泌されている男性ホルモンの90%以上がテストステロンです。

テストステロンは、筋肉増大や骨格発達など身体の成長にとても影響がある男性ホルモンです。筋肉系のサプリメントに詳しい人であれば、テストステロンという言葉にピンとくるでしょう。

活発で性欲の強い男性は、テストステロンの分泌が多いこともわかっていますし、ヒゲが濃い人はこのテストステロンが多いということも明らかになっています。

テストステロンが多い人とは
・ヒゲが濃い人
・体毛が濃い人
・筋肉トレーニングしている人
・性欲が強い人

厄介な男性ホルモン『ジヒドロテストステロン』

次に2つ目は『ジヒドロテストステロン』と呼ばれるホルモンで、男性にとっては厄介なホルモンです。

ジヒドロテストステロンはDHTといわれることもあり、育毛剤に詳しい人であれば、DHTという言葉にピンとくるでしょう。

そう、このジヒドロテストステロンは、髪の毛を生えにくくし、体毛を濃くするといわれる男性ホルモンです。

つまり、ジヒドロテストステロンが多い人は、ヒゲが濃いというだけでなく、ハゲに悩む可能性が高いということです。

ジヒドロテストステロンが多い人とは
・ヒゲが濃い人
・体毛が濃い人
・ハゲやすい人

ヒゲは濃い人は男性ホルモンが多い可能性が高い

ヒゲが濃くなるのには遺伝的な要素もありますが、男性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。

このヒゲの濃さに関係する男性ホルモンというのは、『テストステロン』と『ジヒドロテストステロン』が関係しています。

一般的にヒゲが濃い人は、腕毛や胸毛、陰毛も濃い傾向があります。

つまりヒゲが濃い人は男性ホルモンが多い可能性があるということです。

ヒゲが濃い人はハゲる可能性が高い

ハゲについては、まだわかっていないこともあるので断言できませんが、ハゲ(薄毛)のメカニズムは遺伝や男性ホルモンが影響であるといわれています。

この男性ホルモンというのが先ほど解説した『ジヒドロテストステロン』です。

薄毛に悩む人は、遺伝などによって、この『ジヒドロテストステロン』が人より多いといわれており、薄毛治療に良い対策というのは、ジヒドロテストステロンを『作りにくくする』『働きにくくする』ということで様々な研究が進められています。

ヒゲが濃い人=男性ホルモン(ジヒドロテストステロン)が多い=ハゲやすい

このロジックからもわかる通り、ヒゲが濃い人はハゲる可能性も高いと言わざる負えないです。

ヒゲ脱毛をする男子の気になるウワサは全部ウソ

ヒゲ脱毛をするとハゲるというのは根拠がないウソ

『ヒゲ脱毛をすると、毛が生えにくくなるから、ハゲてしまう。』

こんなウワサを心配する人がいます。これについてはハッキリと断言しましょう。根拠のないウソです。

ヒゲ脱毛は、毛根をレーザーなどで破壊して、その毛根から新たに毛が生えなくすることです。

レーザーを頭皮に照射すればハゲてしまう可能性はありますが、そんなことはしないですよね。

ハゲの原因は、さきほど説明した通り『ジヒドロテストステロン』がという男性ホルモンが関係していて、ヒゲ脱毛をしたからといって、ジヒドロテストステロンが増えるということは無いし、もっと言えばテストステロンが増えたり減ったりすることもないです。

つまりヒゲ脱毛とハゲはまったく関係が無いということです。

ヒゲ脱毛をしたら髪の毛が増えるというのは根拠がないウソ

『ヒゲ脱毛をすると、毛の育成成分が、ヒゲに使われず頭皮にまわるから髪が生えやすくなる。』

こんな期待をする人もいるようです。これが事実だったら嬉しいですが、残念ながら根拠のないウソです。

ヒゲを脱毛することは、ヒゲの毛母細胞を破壊して、毛を生えなくするだけで、男性ホルモンとは一切関係がありません。

ヒゲ脱毛をしたからといって、テストステロンが増えることは無いです。

つまりヒゲ脱毛と髪がフサフサになるというのはまったく関係が無いということです。

ヒゲ脱毛をしたら性欲がなくなるというのは根拠がないウソ

『ヒゲ脱毛をすると、男性ホルモンが減るから性欲がなくなる。』

こんな心配をする人もいるようです。

特に不妊治療に悩むカップルが真剣に悩んでいたというから驚きです。

先ほどから説明しているように、ヒゲ脱毛と男性ホルモンとは全く関係が無いので、性欲とももちろん関係がありません。

なぜこのようなウワサがあるか調べたところ、薄毛治療の薬『ミノキシジル』や薄毛治療の飲み薬『プロペシア』の効果や副作用と混乱しているということがわかりました。

薄毛治療の薬には、ジヒドロテストステロンの生成や働きを抑制する効果が期待できるのですが、同時にテストステロンの生成も抑制する副作用があることがわかっています。

薄毛治療をすると性欲がなくなるという話を聞いたことありませんか?

これは事実で、薄毛治療ができるクリニックでは、不妊治療をしている男性には、一時的に薄毛治療を休止することを勧めることがあります。

話を戻すと、ヒゲ脱毛と性欲がなくなるというのはまったく関係が無いということです。

ヒゲ脱毛しても男性ホルモンには全く関係ない

ヒゲ脱毛男性ホルモン関係ない

いかがでしょうか?

ヒゲ脱毛は、ヒゲ部分の毛母細胞をレーザー照射することで破壊するから毛が生えてこなくなるというメカニズムです。

男性ホルモンとは一切関係がありませんから、ヒゲ脱毛をしたからといって、ハゲる心配をしなくて良いです。

またヒゲ脱毛をしたからといって性欲がなくなるというのも、全くのデタラメです。

ヒゲ脱毛をしたからといって、髪がフサフサになるのでは?と期待をしている人は、残念ながら夢を壊す話ですね。

繰り返しになりますが、ヒゲ脱毛は男性ホルモンの分泌とは関係が無いので、根拠のないウワサにまどわされないでくださいね。

ヒゲ脱毛失敗しない選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です